×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







「さあ、『理樹と佳奈多のラヴラヴ劇場』始めるわよ」


「ホントに続いちゃった!?」

「仕方ないじゃない、予想以上のWEB拍手が届いてしまったのだから続ける義務が私たちにはあるわ」


「佳奈多さんすっごくうれしそうなんだけど……」

「嬉しいに決まっているじゃない、それだけ長くラヴトークができるのだから」


「ソウデスカ……。それにしてもホントにそのタイトルになっちゃったんだね。なんかの冗談だと思ったんだけど」

「だって前みたいにおまけってことにしてしまうと、『ダメかなのおまけ』のおまけになってしまうわ。
おまけのおまけ……つまり『おおまけ』ね」


「何がつまりなのさ!?」

「『ダメかなのおおまけ』……私がぼろ負けしたみたいじゃない、だからダメよ」


「いや! 完全に被害妄想だよね!?」

「だから最も的確かつ読者のハートもがっちりキャッチなこのタイトルの方がいいわけよ。理解した?」


「全然理解できないんだけど……」

「そんな……直枝がこんなのも理解できない人間だったなんて……」


「どうして僕の方が非常識人みたいになってんのさ!?」

「大丈夫よ直枝、私はそんな貴方も大好きだから」


「なんか同情されてる!?」

「非常識に身を任せて、ありとあらゆる手段で身体を求める貴方も大好きだから」


「そんなことしたことないから! それも佳奈多さんの妄想の世界の出来事だから!」

「そんな直枝と私の二人で皆さんから頂いたWEB拍手に受け答えしていくわ」


「どんな切り替え方してんのさ!? しかも僕を変態扱いしたままだし! ……とりあえず、僕も気を落ち着けて紹介をしていくことにしよう」



>『理樹と佳奈多のラヴラヴ大作戦』楽しみに待ってます。元風紀委員と馬鹿のギャップがまた佳奈多を輝かせているのですよ。これはもう理樹もきっと胸きゅんきゅんになって佳奈多にぼっとうしていくに違いない!

「いや、ぼっとうしないから!」

「そうよ、既に直枝は私にキュンキュンでメロメロよ。略してメロキュンよ」


「略する必要あるの!?」

「メロキュン……これは流行るわね」


「流行らないから! どんなときに使うのさ大体!」

「メロキューンフラーッシュ!!! とかかしら?」


「なんで必殺技なんていう日常じゃ絶対ありえない用例を出すの!? しかも超ノリノリだったよね!?」


>理樹はかなたんのナニに突っ込んでばっかだったんですか?

「私もナニに突っ込まれてばっかだったわ」


「すっごい下ネタじゃないか!」

「私もこの人もナニとしか言ってないわよ?」


「う、そ、そういわれると……」

「まあ語尾に『性的な意味で』がつくのだけれど」


「一番ついちゃいけない語尾がついちゃった!?」


>よし、訂正しよう。かなたんには変態という名の淑女の称号を差し上げよう

「私が好き好んでこんなことをやっていると思っているのかしら」


「好き好んでやっているよね?」

「ええ」


「あっさり認めちゃった……」


>結婚しちゃいなよ、ユー達 >だめかな

「結婚しましょう」


「何そのいきなりなプロポーズ!? いや、まだ早いから!!」

「じゃあこうしましょう、結婚を前提とした結婚をしてください」


「結婚する気満々だー!!? お付き合いすらなしなんだ!!」


>ダメかなのおまけ おもろ〜

「おもろとは歌の意で、沖縄方言の「思い」から来た語である by Wikipedia」


「いやここで使ってるのは絶対それじゃないから! 単に面白いってだけだから!」

「いえ、きっとこれはダメかなのおまけの歌を作ってくださいってことよ」


「強引すぎる! 絶対それはないから!」

「歌はともかく、絵の方は絶賛募集中よ」


「強引かつ露骨すぎるよ佳奈多さん!」


>だめかなのおまけ面白かったです! やっぱり理樹くんはお嫁さんなのですねw 佳奈多さん、是非幸せにしてあげてください!w
>だめかなのおまけを読みました! …佳奈多の嫁は理樹なのですね! さすがですww 次を楽しみに待ってます!


「ほら、私の考え方合ってるじゃない」


「いやいやいや! 例外だからこれ!」

「結婚式会場では私がタキシードを着ることにするわ」


「そんな先のことまで!?」


>続き希望!! …理樹君が嫁に欲しい

「直枝は私の嫁よ、直枝が花嫁姿で結婚式をあげているところに私がタキシード姿で乱入、
そのままさらっていくのだから」


「なぜわざわざそんなドラマチックな展開に!? しかも僕がウェディングドレス姿なんだ!?」


>だめかなサイコーです! 是非続きを!!

「ご希望にお応えして続いたわよ」


「うん、続いちゃった……」

「そういえば私思うのだけれど、糸を売ると書いて続く、よね」


「うん、多分糸って何度切り売ってもどんどん出てくるからそういう意味になったのかなあ」

「でね、糸に次って意味もある又が4つで綴る、になるの」


「ああ、ホントだ」

「私たちのラヴライフも、綴られるくらい長くなると良いわね」


「そう、だね。あんまり長くなるとそれはそれで大変だけどね」

「大丈夫よ。どんな大変でも気にならないわ。何せ、赤い糸で繋がっている二人なのだから」


「なるほど、赤い糸は切り売りしてもなくならない。続いていく、ね」

「もちろん売ったりはしないわ。全部私のものよ」


「ははは……これは浮気とかしちゃったら糸繋がりでその場が『紅』く染まりそうだね」


>可愛いなさすが佳奈多かわいい。俺の萌えが有頂天になった

「それほどでもないわ」


「流石謙虚な佳奈多さんは格が違った……って人を選ぶネタだよねこれ」


>劣化コピーの乱入希望!

「却下」


「即答だね……」

「だってこれは『理樹と佳奈多のラヴラヴ劇場』なのよ。
劣化コピーが来たらタイトルを裏切ることになってしまうわ」


「いや、でもね。ゲストがいないと結構つらいし(僕の心労的に)」

「ゲストなんていりません!」


「どっかで聞いたような発言だ!」

「理樹君が初恋じゃダメですか!?」


「いや僕としては嬉しいけど!」

「私たちもうたわれる存在になりたいわね」


「元ネタを使ったうまい発言!?」


>「ダメかなのおまけ」 ごめんね理樹、佳奈多が幸せになってほしいから、もっと(いろんなことしていいから)続けてほしいと思う。

「かっこの部分が余計だよ!?」

「そう、いろんなことしていいのね」


「う、な、なんか嫌な予感」

「直枝が一人暮らししているところに押しかけ同棲したり、
急に獣耳と尻尾が生えてきたり、お姉ちゃんになったりしてもいいのね」


「それ別の作品のネタだよ!?」

「あとだだ甘えをしてもいいのね」


「それは今やってることじゃないか!」


>ダメかなで大いに笑わせてもらったものです。まさかおまけになってトークするなんて思ってもいませんでした。いや〜春ですね〜。主に佳奈多さんの頭が。二人のなれ合いはみていて実に楽しいです。とりあえず笑います。あーっはっはっは!

「あーっはっはっは!」


「だからなんで佳奈多さんまで笑うのさ!?」


>だめかなのおまけ読みました。ヘッドがピーチでスプリングな作品も楽しみにしています!!!

「なによ、ヘッドがピーチでスプリングな作品って」


「いやいやいや! 佳奈多さんが言ったことだから!」

「頭が桃色で春な作品? 望むところよ」


「やっぱ望んでるんじゃん!」


>こういうの結構うれしいですね。
>ダメかなのおまけ、読みました。こういうかたちのSS、結構好きなんでまたやってくれないかな〜って思ってます
>だめかなのおまけ読みました。おまけですら2828できるとは(笑)。あえて言います、いいぞもっとやれ


「直枝、どうやらよかったみたいよ」


「うん、こういうものが来るとやって良かったなあって思えるよね」

「ええ、私も苦労した甲斐があったというものだわ」


「超ノリノリでやってたじゃないか!」


>葉留佳と佳奈多の必死さに笑いました。続き楽しみにしています∩∀)理樹くんは私のもの
>「理樹くんは私のもの」もう最高です!やはりこのシリーズ素晴らしく大好きですよ〜
>いま理樹ものシリーズ更新されているのに気付きました…楽しみにしていたのに気付いていなかったとは不覚です…くっ、少し妹に似てしまったのと理樹を思うあまり馬鹿佳奈になってしまったかなたんがかわいいです。これは理樹の好感度も10ぐらいアップしたはず!
>理樹君いいなぁ… 個人的には来ヶ谷さんが一番スキ!!
>二つとも読みました。SS漁りが最近の私の趣味となっていますがかなり面白いと思います。続きが気になりますね。


「ちょっと、違うものが混じっているわよ」


「ああ、これは僕たちのIF世界でのお話みたいだね」

「私が似ている? あの劣化コピーに?」


「相変わらず妹に容赦ないよ佳奈多さん!」

「それに来ヶ谷さんにまで遅れを取っているじゃない、エロレベルで」


「いやどう考えてもそういう話じゃなかったよね!? 人気の基準ってエロだけじゃないから!」

「だって来ヶ谷さんと比較されるのってエロ関係じゃないのかしら?」


「なにその偏見!?」

「どうやら私と違って大分不覚を取っているようだけど……頑張りなさい、向こうの私」


「あはは、じゃあ僕も。向こうの僕……多分同じくらい不幸な気がするけどがんばって」


>「ダメかなのおまけ」読みました。うむ、本当にいい感じでダメダメな佳奈多さんにガチ燃えた。間違った、萌えた。次の話も超絶に期待しています(もちろん性的な意味で)

「かわいそうに、飛び火しているわよ。私たちの愛の炎が」


「いやいやいや! そんな火力ないし! それにわざわざちゃんと言い直しているじゃないか!」


>初めまして、みずさわです。ダメかなのおまけ読みましたー!あにゃにゃぎ君(失礼、噛みました)な理樹君、ガハラさんなかなたん、最高です!!というか、この2人だとこういうこと出来たのか……。驚きです。じゃあ他のメンバーをリトバスで当てはめたらどうなるのか気になります(予想:羽川…ほんとにわからんw、八九寺…はるちん、神原…姉御、千石ちゃん…クド)しかし、これでは阿良々木ハーレムならぬ直枝ハーレムじゃないか。

「否定はしないわ」


「影響を受けていることは否めないからね……」

「まあ、もし割り当てるとしたら羽川役は西園さんじゃないかしら」


「あーうん確かに。あと来ヶ谷さんは忍役の方がしっくりくるかなあ」

「確かにあのチームで神原のようにエロ台詞を容赦なくいえる人は
来ヶ谷さんだけなんでしょうけど、まあ難しいところね」


「あ、でも一人だけ確実にこの役って人がいるよ」

「奇遇ね、私もそう思える配役があるわ」


「忍野メメ役は恭介で」「忍野メメ役は棗先輩ね」



「おいおいどうしたんだい、そんなに夫婦のように声をそろえて。何かいいことでもあったのかい?」


>リトバス人気は落ち着いてきたかもしれませんがまだまだ書き続けてくれることを願ってます

「応援してくれる人がいる限りは書いてくれるんじゃないかしら」


「こればっかりはなんともいえないね……」

「仕方ないわね、変わらないものなんてないんだから」


「へえ、佳奈多さんのことだから変わらないものだってあるっていうかと思ったんだけど、愛とか」

「変動はするのよ、でも不滅ではあるわ」


「ああ、そういうことね」

「直枝への愛は常に急上昇中よ!」


「せめて一般的な愛情のボーダーラインに近づけてよ!」



「そんなところで以上よ」


「しっかし多かったね今回は……」

「私はまだ物足りないのだけど」


「いやいや、今度からは選別してやっていく必要があるかもね」

「そう、直枝は次があることにかなり乗り気なのね。すごく嬉しいわ」


「あ、しまったつい……」

「まあ、次回をやるにしてもコメントが来なかったら何もできないけれど」


「あーうん。まあ確かに」

「来たとしても今回より少なかったらやる気も減るでしょうし、メンタル的に」


「メンタル面弱っ! そこは今回が特別だったとか思おうよ!」

「常に人間は先を先を求める生き物よ」


「いやまあそうだけどさ」

「私も直枝との関係に対して常に先を先を求めているわ」


「もうちょっとそこはスローペースでいこうよ! 佳奈多さんは突進しすぎだよ! と、とにかく次回があったらお会いしましょう」

「あなたのハートにメロキューンフラーッシュ!!」


「何その魔法少女ものの次回予告みたいなの!? しかもそれ気に入ってたんだ!!」


終われ




何か一言いただけるとありがたいです。

「この番組が続くかどうかは貴方の投稿にかかっているわ」


「実際続いちゃったしね……」