×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







「……あ、あれ? 誰もいない。僕一人?」

カンペ

「えーっと、『二木佳奈多はまだ気絶中』……って前回からまだ立ち直ってないんだ!? でもどうしよう、一人でやるってのもちょっと色々つらいからなあ」

「そこで私が助っ人として登場だ」

「わ! く、来ヶ谷さん!?」

「なに、葉留佳君から話を聞いてやってきたというわけだ。それに事前に連絡は入れておいたはずだぞ」

「事前に連絡……?」

「うむ、これだ」


>うむ、おねーさんも混ぜるがいい。少年の効率的な開発方法を教えてあげよう

「これ連絡なの!? それにどう考えても遊びに来るのが目的じゃないか!?」

「まあよいではないか。それに私が来ることを期待してくれた人もいるし。このように」


>はるチンときたら次は姉御ですよね?わかります

「ホントだ。まあ確かに僕一人じゃ手に余るけど」

「さあ、おねーさんと一緒にコメントを紹介していこうではないか」

「だ、大丈夫かなあ」

「なに、大船に乗った気持ちでいてくれ」

「それがタイタニックや大和でないことを祈るよ……」

>メロキュン☆フラッシュ被害者の会代表です
かなたんのかわいさにもうやられっぱなしです!(性的な意味で)
理鬼ももう素直になれよ!(性的な意味で)
と言うわけでかなたんは諦めるから来々谷さんをください!(無論性的な意味で)

「断る」

「即答だね……」

「ほう、なら理樹君は私がこんな見ず知らずの男の下に行ってもいいと」

「いや、まあ、そりゃ嫌だけど」

「無論私もだ。よく知らない男とつき合うつもりはない。つき合うなら、ある程度気心が知れ、
それでいてちょっと気になる、そんなレベルまでいかないとな」

「……意外と来ヶ谷さんって奥手なんだね」

>来ヶ谷「はっはっは。理樹君、君は気付いてないだろうが、佳奈多君はずーっと大人のオモチャ使って準備していたようだぞ」
>「ふむ、来ヶ谷だ。しかし、佳奈多君がリードしているのかと思ったら、意外と理樹もやるな。口だけで佳奈多君を4回もイカせるとは」
>――――少年.    もっとデレてやってもよいのではないか.
「前言撤回! 全然奥手な発言じゃないよ!」

「はっはっは、そうほめなくても」

「褒めてないから! それに二つ目のコメントはわざとエロい表現しているだけで、実際は僕が佳奈多さんに対して怒ったときのことでしょ?」

「ああ、あの恍惚の表情……間違いなく感じていたぞ」

「どSな上にどMなんだ佳奈多さん……属性持ちすぎでしょ……」

「まあ理樹君も、そんな佳奈多君に対してもう少しデレてもよいのではないかね」

「うん、いや、わかってはいるんだけどね」

「……まあ、困ったことがあったらおねーさんに相談したまえ。できる範囲でなら手を貸してやるぞ。
できる範囲で、だがな」

「来ヶ谷さん普通に僕が困っていたとき逃げているしね……」

「流石にペット事件と剃刀事件は私でも無理だった……」

「まあ、あれはね……気になった人はリトバスSS作家麻雀会場へどうぞ」

>唯姉は、普段の行動以上に中身は乙女だし、ダメ化よりも腕や髪に触られるだけで「ひあっ」とか言うキャラのがおもしろそうデスね。

「いや、まさか来ヶ谷さんに限ってそんなことは……」

「どうした理樹君。ん、なんだねそのコメントは」

「い、いやいや。何でもないよ」

「ふむ、どうして隠したがる。まさか理樹君の秘密について書かれているのか?」

「いやまさかそんな……」

「わかった! 理樹君が何歳までコロコロを買っていたかが書いてあるんだな!」

「何そのコロコロ読者=子供っていう色眼鏡! あながち間違ってないけど!」

「ああ、すまない。理樹君はボンボン読者だったな」

「なんでそうなるの!?」

「ボンボンの方がお色気成分多かったからな。さぞかしそれを読んで悶々していたに違いない」

「勝手に僕の過去を決め付けないでよ!?」

「ふむ、なら見ても構うまい」

「いやいや、それとこれとは話は別だから」

「ええい気になるからみせるんだ!」

「ちょ! 力づくできた! や、やめてよっ!(さわっ」

「ひあっ!」

「……ひあっ?」

「な、何をするんだ理樹君!」

「い、いや何をするんだってただ髪の毛触っただけ……ってええー」

「む、何をそんなに意外そうな顔をしているんだ」

「え、いや。ごめん来ヶ谷さん、ちょっといいかな」

「む、突然謝って何をすr……はぁぁあん!」

「すごい……髪の毛を撫でるだけでこの反応とか」

「ちょ…や、あん…ま、ふぁっ…髪の毛撫で…ないでっ!」

「ごくり……」

「ひやっ! り、理樹君そこ、ダメっ! 感っじ! すぎ、ちゃう」

「やべえ、来ヶ谷さん!」

「り、理樹君……理樹君なら、構わない」

「来ヶ谷さん、いや、唯湖さーん!」

「り、理樹君!」


「……何をしているんですか?」


「あ、か、佳奈多さん?」

「ふ、二木君」


「何してるんやいや」


「いや、鹿児島弁で言われても……」

「どうして私が休んでいるうちに直枝が来ヶ谷さんを押し倒して、
しかも来ヶ谷さんもまんざらでもない表情しているのよ」


「ハッ! どうして僕は来ヶ谷さんを押し倒しているんだ!」

「ハッ! どうして私はまんざらでもない表情をしているんだ!」


「「助かったよ! ありがとう!!」」


「……二人とも、これが終わった後ちょっと裏に来なさい」


「「は、はい……」」




「と、いうわけでここからはいつもどおり私と直枝でやっていくわ」

「あのー佳奈多さん、さっきの件は……」

「大丈夫よ、気にしてないわ。ちょっとこのあと劣化コピーが劣化どころじゃなくなるだけよ」

「いやめっちゃ気にしてるじゃん! しかも超八つ当たりじゃないか!」

「その八つ当たりのきっかけを作っているのは誰かしら」

「う、それを言われると……」

「ちなみに八つ当たりの八つは四方八方などの方向、つまり当たり構わずってことよ」

「ちょっと勉強になった!」

「だから八つつながりでやつを八つ裂き」

「やつって葉留佳さん!? 逃げてー葉留佳さん逃げてー!」

「まあ、そんなの実際気にしていられなくなるくらいたまっているじゃない、WEB拍手」

「ああ、確かに。佳奈多さんずっと気絶してたから……」

「これはもう前後編でいくしかないわね」

「え、前後編って?」

「もちろん、全て片付けるつもりでいくわよ」

「え、本当に?」

「そのくらいしないと、そんだけ待たせたんだから」

「善処します……んじゃ、まず最初のはこちら」

>SSサイトからきました。佳奈多SS 200件目おめでとう!これも佳奈多のラヴパワーですね!300件目も佳奈多のメロキューンフラッシュ!で頂きだ!

「え、これ佳奈多SS200件目だったの?」

「私と直枝のラブパワーは凄まじいわね。他の追随を許さないわ」

「いや、それよりもこんなのが200件目取っちゃってよかったのかなあ……」

「いいのよ。どの作品も私に対する愛は平等だから」

「ちょっといいこと言った!」

「でも私の愛は直枝オンリーだけど」

「すっごく恥ずかしいこと言われた!」

>( ゚∀゚)o彡゜かなたんっ、かなたんっ、かなたんっ!
>( ゚∀゚)o彡゜りっきゅんっ、りっきゅんっ、かなたんっ!

「な、なんで僕の名前まで」

「そうよ! 直枝で興奮していいのは私だけよ」

「いやつっこみどころ違うから!」

>理鬼くんやっちゃえ ヒュー by俺は大好きだぁーー説いているパン屋オッサン
>佳奈多さんだらけのハーレム!?周りが牽制しまくって理鬼が全部美味しく食b
>ここまできたのならもはや私が言うことはもう何もない、理鬼よ。己が信ずる道をそこのだめな子とともに進むがいい!あ〜はっはっは!
>どうせ理鬼はベッド詐欺師なんだろ、ベッドを見た瞬間かなたんを押し倒していろんなプレイしてるんだろ、ここに証拠写真だってあるんだぞ、白状しろ!

「なんでみんなして僕の名前間違えてるのさ! 理『鬼』じゃないよ! 理『樹』だよ!」

「ベッドの上ではそれはもう鬼のように激しいくせに」

「そんな経験ないじゃないか! てか佳奈多さんやめて! そういう虚偽情報を広めるのやめて!」

「私の虚偽情報は隣町まで広まるレベルよ」

「だからパン屋のオッサンが知ってたりするんだ!」

「しかも最近のフォ○ショップを使えば捏造写真なんて楽勝よ」

「やることがまわりくどいよ! そこまですることじゃないからこれ!」

>「ダメかな」〜「ふたりはメロキュン☆フラッシュ!?」まで一気に読みました。続編の告知まであるとは実に素晴らしい作品です。もうかなたんは全リミッターを外して、全力全開で理樹君と愛し合っちゃえ♪
>カオス過ぎますw本編の続き楽しみにしてます。
>もっともっともっと。

「はい、そういうわけで意外と期待している人もいるということで続編情報よ」

「えっと、大体お気づきの方もいると思うけど、僕らのお話の続編が同人誌として出ます。タイトルはそのまま『ダメかな』」

「ちゃんとタイトル考えなさいよ。『理樹と佳奈多のラヴラヴスペシャル』とか『ラヴラヴビッグバン』とか」

「いや、そんなタイトルはいくらなんでもひどすぎるから」

「ぴったりだと思うのだけれど。中身は私と直枝がデートするお話だし」

「まあそうだけど……ちなみにいつものようにもう一つ作品がついてきます。こちらは『まともな』佳奈多さんとの恋愛話です。理樹×鈴要素もあるよ」

「なによ『まともな』って。私がまともじゃないとでも?」

「まともじゃないから! 自覚しようよ!」

「棗さんとの絡みがあるのがちょっとあれだけど……まあ私の直枝の話だからよしとするわ」

「二本のお話で500円。12月31日 西地区 い-40bで売るんだってさ」

「まあ、気になるんだったら買えばいいんじゃないかしら。いえ、買いなさい」

「わざわざ命令形に言いなおした!?」

>佳奈多だらけのハーレムは佳奈多どうしが理樹を取り合うのかそれとも皆の理樹として可愛がられるのかはっきりしてくれw

「はっきりしてもいいのかしら?」

「どうして「え、いっちゃってもいいの?」みたいな言い方なのさ……」

「そりゃもう血で血を洗うような――」

「それ以上は言わないで!」

「ほら、だからいったじゃない」

「いや、まさかそこまでひどい展開になるとは……同族嫌悪ってやつ?」

「そんな感じね。ちなみに、近親憎悪・同族嫌悪・同属嫌悪の3つは同じ意味なのだけれども、
どれも辞書などには載ってないわ。近親憎悪だけはWikiにあるけどね」

「え、そうなんだ。普通にある言葉だと思ってた……」

>よもやこんな愛憎劇場に出会えようとは。乙女座の私には、センチメンタリズムな運命を感じずにはいられない。抱き締めたいな、直枝理樹!

「え、僕の方!?」

「なんてこと……男でも女でも、直枝は渡さないわ!」

「いや、確かに文章じゃどっちかなんて判断できないけど」

>『ダメかな』〜『ふたりはメロキュン☆フラッシュ!?』読みました。七夜です。  「俺の人生は幸せだったのか…………。幸せじゃ、なかった―――――なんて、言えるわけないだろう。ダメかなシリーズ(?)のような作品に出会えて………幸せだったさ。この作品に出会えていなかった人生なんて考えられない。それぐらいだ!――――――――――――(理樹君と佳奈多さんで)キスを……。(二人の)幸せの証を……。ダメかなシリーズは不滅だ!!」  前回の替え台詞コメントを読んで頭に浮かんだもの。次回作期待しています。その時はまた自分も替え台詞コメントを……

「さあ、今すぐ私と直枝のラヴラヴSSを書く作業に戻りなさい」

「いや! 確かに七夜さんはリトバスSS作家さんだけど! ちゃんとコメントしてあげようよコメント!」

「言ってることが大げさね」

「いやパロディだから! そんな冷静なコメントしなくていいから!」

「その感情をあなたの作品にぶつけなさい。きっと、
私たちみたいなすばらしいカップルを描いた作品が出来上がるわ」

「す、すばらしいの僕らって?」

>初めまして、相変わらず暴走中の流浪の物書き相坂です。だめかなシリーズ、どうしてこう、バカ理樹よりもきゅんきゅんするのでしょうか。でも二人の掛け合いって、まさに夫婦漫才とはこういうことを言うんでしょうね。相坂でした。
>不良物書きの相坂です。いつも楽しく拝見させてもらってます。
>ダメかなシリーズ、ここはそろそろ劣化コピーにかなたんに変装してもらって二人の愛を哀に変えてもらいましょう。
>もっともその後劣化コピーの身の安全は保障出来かねますですヨ♪相坂でした。

「さあ、今すぐ私と直枝のラヴラヴSSを書く作業に戻りなさい」

「いや! 確かに相坂さんもリトバスSS作家さんだけど! さっきと全く流れ一緒じゃないか!」

「まあ、夫婦といってくれたことには感謝してくれるわ。そのとおりだし」

「いやいや! 夫婦漫才だから! それにそのとおりじゃないから!」

「あと、私たちの関係はその程度じゃ揺らぐことはないでしょうけど、もしそんな現場を目撃してしまったら
お互い『会い』にいくことができない身体になってしまうかもしれないわね」

「き、気をつけよう……うん」

>どうも、百雷です。ダメかな〜ふたりはメロキュン☆フラッシュ!?まで(ぶっちゃけ他も)読みました。今年の夏休み前に光神社を見つけたのですがなかなかの良作がそろってていいですね。ところでリトバスSSになかなかないのがあーちゃん先輩などの脇役キャラの出てくるSSなんですよ。主人公やその仲間、ヒロインたちが物語の中心になるのは当たり前ですが脇役キャラが乱入する作品もおもしろそうです。いや、むしろ書いてください。光神社の腕を見込んでお願いします。(まあ、ダメかなたをあーちゃん先輩がどれだけ弄べるかを見てみたいだけなのですが・・・)

「さあ、今すぐ私と直枝のラヴラヴSSを書く作業に戻りなさい」

「その人リトバスSS作家さんじゃないから!」

「けれど、ないから人に頼むって手段もありだとは思うけど。
自分でちょっと書いてみるっていうのもいいんじゃないかしら」

「あーまあ確かに。その人が必ず自分が望む作品を書いてくれるとは限らないからね」

「これが後の大作家誕生のきっかけである」

「そこまで大きなことなの!?」

>(恋の)嵐の中で輝いて(理樹を嫁にする)その夢をあきらめないで
>(理樹争奪戦で)傷ついたあなたの背中の天使の羽
>(理樹はきっと)そっと抱いて、抱いてあげたい(と思っているはず)
>蒼く果てない空の片隅で、生まれた(理樹を嫁にする)夢が今小さくても
>(周りが)凍りつくような(嫉妬の)強い風でさえ
>その胸に輝く(理樹を嫁にする)夢を消したり、そうよ消したりなんて出来ない
>(恋の)嵐の中で輝いて(理樹を嫁にする)その夢をあきらめないで
>(理樹争奪戦で)傷ついたあなたの背中の天使の羽
>(理樹はきっと)そっと抱いて、抱いてあげたい(と思っているはず)
>だめカナ外伝をよんでさっきの混ぜ歌を送りました

「……JAS○ACには訴えられないわよね?」

「うん、まあ、大丈夫じゃないかな」

「これを見てしまった人はきっとこの歌を歌うたびに括弧の部分を思い浮かべてしまうのね」

「い、いやそういう人はあまりいないんじゃないかなあ」

>おもしろかったです。最近更新頻度がまた早くなってきてうれしいです。

「その後この体たらくなんだけどね」

「いやまあ、忙しかったってのもあるんだろうけどね」

「麻雀にはまってしまったってのもあるかしら」

「ま、まあ、また更新速度戻すつもりらしいんで、これからも応援よろしく」

>次回『なら無理やり押し倒す』だと・・・!? 是非ともお願いします!!!
>ふたりは「メロキュン☆フラッシュ!?」おもしろかったです> <             次回は「なら無理やり押し倒す」ですね☆ 次こそヘッドでスプリングでピーチなことに♪(もちろん性的な意味で)
>『なら無理やり押し倒す』、かなたんのヤンデレぶりを期待します。
>次回「なら無理やり押し倒す」ですね♪ 楽しみにしています(性的な意味で)

「みんな期待しすぎだよ! そんなんやったらあっという間に18禁だよ!」

「覚悟のうちよ」

「いや覚悟しないで! ギリギリがテーマだからこれ! しかも読む人限定されちゃうし」

「他の人のことなんて気にしないわ。私は直枝とひとつになれれば」

「いやいやいや! 読んでくれる人のことも考えて!」

「あなたと、合体したい……」

「一万年と二千年前から愛されてるー!?」

>ダメかなではなくエロかな になりそうデスΣ(・д・)

「ホントだよ! てか半分くらいそうなっちゃってると思う」

「何言ってるの。それは18禁用のタイトルよ」

「いや決まってないから! 本気に受け取られたらどうすんのさ!」

>(21)をおいしくいただいた・・・だと?なんとまあ物好きなスタッフだ・・・

「世の中って、広いのよ」

「うわ、反論の余地もない解答だ……」

>正義の味方ならぬ性戯の味方ですね、わかります

「誰がうまいこと……っていえてないから! 違うから!」

「アク○の使者って返し方でいいのかしら。もちろん○にはm」

「ダメー! 合わせなくていいから! むしろ合わせないで!」

>こちら鈴、かなたの部屋に潜入って、こわっ。このかなた、色々とこわっ

「逃げてー! 鈴逃げてー!」

「残念ながら既に捕獲済みよ」

「ど、どうするつもりなのさ」

「どうするもなにも、次のゲストとして……」

「え、これまだ続ける気なんだ!」



「と、いったところで前編終了よ」

「ホントに全部やる気なんだ……」

「当たり前じゃない。待っていてくれた方のためにも責任を持ちなさい。責任を」

「そう、だね」

「ちなみに後編はみんなの応援次第ではやくなるわ」

「何その馬の目の前ににんじん理論!? あざとい! あざといよ佳奈多さん!」

「そんなわけで後編をお楽しみに」

「後編でも無事にいられるといいな……」




何か一言いただけるとありがたいです。

「この番組が続くかどうかは貴方の投稿にかかっているぞ」


「無事だったんだね来ヶ谷さん!」