×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


※この作品は思いっきりウィンドウのサイズに依存します。できるだけ最大かつPCで見るようにしてください。



『ダメかなのおまけ』



「はい、というわけでダメかなを読んでくれた方へのおまけです」

「どうしてこんな作者の世迷い事に私たちが付き合わなければならないのかしら」


「まあまあ、なんかね。せっかくだし、WEB拍手のコメントに僕らがコメントしたらどうだろうってことでこうなったらしいよ」

「ふうん、つまりコメントに対して私たちのラヴトークで返すことでWEB拍手をつけることでこーんないいことが
あるんですよ的な餌を用意して、よりたくさんのコメントをいただいちゃおうという浅ましい作戦なわけね」


「深読みしすぎだよ!  そもそもラヴトークってなんで巻き舌で言っちゃってるのさ!」

「ラブトークって書くと軽い感じだけど、ラヴトークっていうと重い感じじゃない?」


「た、確かに……ってここは納得していいところなのかな」

「それだけ重い……つまりエロトークをするということよ」


「一瞬にして風船もびっくりなくらい軽くなっちゃった!」

「冗談よ。そもそも、この会話が読者にとってメリットにならなさそうだし」


「ま、まあ確かに」

「わ、私にとってはメリットだけれど」


「え、そ、そうなの?」

「……い、いいから始めるわよ!」


「わわ! はぐらかされた! まあいいや。とりあえず一つ目」


>ダメかな読みました。・・・少年。私はこんなだめな佳奈多君に対してあきれればいいのだろうか?それとも萌えればいいのだろうか?とりあえず笑っておこう、あーっはっはっは!

「あーっはっはっは!」


「なんで佳奈多さんまで笑ってるのさ!」

「燃えればいいと思うわ」


「しかも答えなんか違うしひどいし! 焼いちゃうの!? 焼いちゃうのねえ!?」

「だって人の事をだめなって言ってるのよ。失礼じゃない」


「まあそうだけど。仕方ないんじゃないかなあ」

「直枝理樹、あなたも失礼なこというのね」


「あ、つ、つい本音が」

「あなたも燃えちゃうといいわ。私との恋愛で」


「うまいこといわれちゃった!」


>面白いと思いますよwタイトルもぴったりですし

「いえ、このタイトルはダメよ。このタイトルじゃ私がダメな子みたいじゃない」


「みたいじゃなくてダメな子だと思うけど……」

「せめて『理樹と佳奈多のラヴラヴ大作戦』くらいのタイトルじゃないと」


「なにその昭和時代でもなさそうなネーミングセンスゼロのタイトル!? しかもわざわざラブじゃなくてラヴ使っちゃってるし! 気に入ったのそれ!?」


>「ダメかな」 モーマンタイ。むしろもっとやってほしいと思った。

「ほら、もっとやってほしいって言われているわよ」


「いやいや、僕のことも考えてよ! あんなひどい目に遭ってるんだよ!?」


>いいぞ、変態という名の紳士の称号をやろう。もっとやれ

「ほら直枝、言われているわよ」


「いや、僕のことじゃないよねこれ!」

「変態なら野外調教プレイとか、全穴責めプレイとかもお手の物よね。
だ、大丈夫よ。私なら全て受け入れて見せるから。少し興味もあるし……」


「先生! 変態という名の淑女がここにいます!」


>劣化コピーwwwwクソワロタwwwww

「だって劣化コピーじゃない」


「いやいやいや! 違うから!」

「じゃあ劣化クローン?」


「意味的にほとんど変わらないよねそれ!」

「劣化苦労?」


「いや確かに葉留佳さんは大変な人生歩んできてるけどさ! というかどうして佳奈多さんは葉留佳さんに対して敵意むき出しなのさ。二人とも仲直りしたんじゃないの?」

「だってあの子油断ならないもの……」


「どうして?」

「双子だからよ。私ならまだ諦めないわ。あの子もあなたに近づく機会増えているし」


「……あー、なんかものすごく納得しちゃった」


>オッケーです!性的な意味で。

「オッケーが出たわよ。性的なこと」


「いや! そういうコメントじゃないよねこれ!」


>ダメかな最高です!

「最高ですってよ。性的な意味で」


「いやいや! それさっきのやつのコメント!」


>ダメかな? ダメだよ♪

「あれ、なんだったっけこれの元ネタ」

「えっと、ほらあれよ。まにまに」


「宙のー!? 違うよ! 語感的にはなんか近い気がするけど!」

「バリバリね」


「伝説ー!? 遠のいた! 絶対遠のいた!」

「じゃあ割り箸」


「全然違うじゃないか! もう思い出したから僕が言うよ! ぱにぽにだよ! ぱにぽにだっしゅ!」

「惜しい、後一歩下がって三歩ね」


「何その歩数」

「割り箸、バリバリ、バリボリ、ぱりぽり、ぱにぽに」


「ホントに一歩下がって三歩だ!ってどうしてそんなに回り道しないといけないのさ!」


>ダメかな読みました。こんなかわいい佳奈多さん見たかったです。理樹のことで嫉妬する佳奈多めちゃめちゃよかったです!!

「え、かわいいの?」

「直枝、失礼よそれは。でも、こう改めて言われると照れるわね」


「佳奈多さんって他の事で嫉妬するの?」

「そうね、直枝に対してした嫉妬と同じレベルなのは……モーセが海を切り開いて渡ったことに対してかしら」


「それ人間には不可能な領域だから! 嫉妬レベルをそんな神レベルなものと一緒にしないで!」


>「だめかな」見ました。もう選択肢は3つしかない。1、理樹が嫁にする。2、理樹が一生幸せにする。3、理樹が一生愛してあげる。この3つしかまさにない状況だっ!!!

「これは4の全部ね」


「存在しないもの選択しちゃった! しかも全部なの!? 大変すぎるよそれ!」

「何言ってるの、あなたを嫁にして、一生愛することそれ即ち幸せなのよ」


「すっごいさり気に間違えないでよ! まずそれ佳奈多さんのことになっちゃってるし! そもそも僕は男だから嫁じゃないし!」

「そこから間違えてたというの!?」


「そこは正しいと思ってたんだ!?」


>だめかな、拝見しました。久しぶりの更新なのでついユーフォーキャッチャーに向かうあやのノリでイヤッホゥゥウ!とかやっちゃいましたよ。だめかな、すごくいいです。というかもうボタンをはずしてエクスタシー一直線なかなたいいですねかなた。あやもエクスタシーが似合うので今度だめかなあやなんてやってみてはいかがでしょうかっ(笑)

「ダメよ」


「随分と即答だね……」

「あの子とやったらそれこそ頭が桃色で春な作品確定よ」


「いや、佳奈多さんの時点でもう十分そんな感じがするんだけど」

「いえ、私のはヘッドがピーチでスプリングな作品よ」


「より馬鹿っぽくなっちゃってるよ! 英語にしたからってよくなるとは限らないから!」

「だって私も直枝とスプリングしたいもの」


「いやいやいや! その表現だとわかりづらいけど十分アウトだからそれ!」

「ベッドで私のピーチなお尻に向かってスプリングされちゃいたいもの」


「やっぱり佳奈多さんの頭が桃色で春だよ!!」



「……と、いうことで以上よ」


「な、なんだかつっこんでばっかりで疲れたよ……」

「そう? 私はまだまだ物足りないんだけど」


「いやいや、もう十分だって」

「全国に潜む風紀委員長ファンクラブよ! もっと私に直枝とラヴトークさせるために決起しなさい!」


「そんなのないから! しかもどうして佳奈多さんがあおっちゃってるのさ!」

「だってこれで終わりなんて嫌じゃない……」


「う、ま、まあ。きっと人気もあったしまたやってくれるよ」

「そう、つまり直枝は次があっても大丈夫、そういうことね」


「なんか墓穴掘った気がする!」

「そんなわけで『理樹と佳奈多のラヴラヴ大作戦』次回をお楽しみにしてちょうだい」


「これのサブタイトルそれだったんだ!? あ、じ、次回はもうやだー!!」



終われ




何か一言いただけるとありがたいです。

「この番組が続くかどうかは貴方の投稿にかかっているわ」


「何でラジオのお便りコーナーみたいなノリになってんのさ!?」