×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




べたべた


「風が気持ち良いな」
「うん、今日は涼しくなって良かったの」

 一ノ瀬宅の庭に面した窓をあけ、俺とことみは火照った体に夜風を受けていた。
 火照った、と言っても何か運動をしていたわけではない。残念ながら、いわゆる男女の営みという奴でもない。そもそも、そんな事を出来る状況にはないのだ。
 家の中に目を移せば、廊下につけられた明かりが確認でき、その先にある一部屋からは人の気配もする。杏、藤林、古河の三人は、そこにいるはずだ。
 ことみの誕生日から、三ヶ月ほど経った日。
 今日は、バイオリンの贈呈式だった。
 遅れてしまった誕生日プレゼントを渡すということで、俺達は今年二度目のことみの誕生会を開いていた。
 杏が、カンパした全員を召集したため、結構な大騒ぎになっていた。もちろん、召集された全員が来たわけじゃないが。
 沢山の人達に祝ってもらえる誕生会。それが開けて、本当に良かったと思う。
 昔、俺が子供だったころ。俺はそのころに一度、ことみの誕生日を祝うという約束を果たせなかった。
 別にその代わりというつもりではないけれど、あの時果たせなかったことが、こうやって実現できたのは嬉しかった。
 正確には、誕生会ではなく、誕生日プレゼントを贈る会ということだが、些細なことだろう。

「それにしても、ずいぶん上達してたな。ヴァイオリン」
「とってもとっても練習したの。皆に聞いて欲しいって。だから、嬉しかった……」
「そうだな。合唱部の連中にも、色々教わってたからな」
「仁科さんはとっても上手なの。きっと、とっても音楽が好きなんだと思う」
「歌も一生懸命だしな。ことみのヴァイオリンにあわせて歌った時は、さすがにビックリしたぞ」

 合唱部の三人は、ことみのヴァイオリン演奏の曲の一つに合わせて、歌を歌うなんてことをやったのだ。しかも、古河のカスタネット、藤林のトライアングル付き。
 果たしてこんなので演奏になるのかとも思ったが、楽器が明らかにちぐはぐなことを除けば、それなりに聞けるものだったように思える。それぞれ上達はしていたし、合唱部の歌はなかなかのものだった。

「まあ、そこまではいいとしてだ。問題はヴァイオリンの演奏会が終わってからだったな」
「皆でパーティーをするのは、とっても楽しかったの」
「いや、そりゃ最初は普通に楽しかったが……」

 皆それぞれ持ち寄ってきた食料に、藤林と古河が買ってきた食料、そしてことみの作りすぎたお菓子のおかげで、食べるものに不自由はしなかった。
 きれいな庭での立食パーティーは、普段この庭を見なれている俺からしてみても、何処か不思議な光景だった。
 わいわいがやがや、楽しそうに過ごす人達と、暑い陽射し。時折ふく風が、俺達を取り囲む芝や花の香りをより強く運んできてくれて、何処か日常とは離れているような気がした。

「アルコールはやっぱりまずかっただろう」
「朋也くんは、苦手?」
「そういう意味じゃなくてだな、暴走する輩が出るってことだ」
「春原くん」
「ああ、切っ掛けはあいつだったな……」

 どうも、参加者の誰かが、アルコール飲料を持ってきたらしい。
 しかも、それが何時の間にか、色々なところにしかけられていたのだ。
 その結果、酔っ払いが続出した。といっても、軽く酔っている程度ならば問題ないし、全員が酔っ払っていたわけでもない。
 しかし、何処の世界にも、問題を起こす奴はいるものだ。
 酔っ払った春原が、いきなり叫び声を上げたかと思うと、ボンバヘッを叫び出した。なぜか、手にカスタネットを持って。

「そして渚ちゃん」
「あいつも酔っ払ってたんだろうな。酒には弱そうだったし」

 対抗するように、なぜか始まるだんご大家族。トライアングル付だった。皆テンションがおかしかったのだろう、それに続くように、あちこちで、ばらばらな歌が始まった。
 誰かの別の歌にかき消されないように、皆が声を張り上げる。誰もがばかみたいに、好きな歌を歌いつづける。
 搾り出すように、慈しむように、楽しそうに、思い出に浸るように、歌いつづける。

「そこから、また加速していくんだよな」
「歌うと、飲み物が欲しくなるの」
「もう皆、区別なく飲んでたからな。大変だった」
「でも、楽しかった……」
「まあ、確かにな。青空の下で、こんなに声を張り上げて歌ったのは久しぶりだ」

 どうも、その後さらにアルコール飲料を摂取するのが続いたようだった。場の雰囲気は、さらにヒートアップする。
 好き勝手な独唱がいくつも集まって、もうわけがわからなかった。

「終わっちゃうと、ちょっと寂しい」
「ま、お祭り騒ぎの後は、そんなもんさ」

 そんなパーティーも、日が暮れていくにしたがって場の雰囲気が静まってきて。
 いくつもあった歌が、一つ一つ少なくなっていって。
 それがほとんどなくなったころ、解散の合図が出た。
 別れの言葉を口にして、だんだんだんだん人が減っていく。
 そして今残っているのは、いつもの5人だけだった。

「結局5人とも、酒飲んじゃってたけどな」
「うん、寝ちゃってた」
「まさか、古河、藤林に続いて、杏までダウンするとはな」

 そうそうにダウンしていた古河と藤林は、先に家の中に運び込んでいたのだが、解散してほとんど人がいなくなったあたりで、意外なことに杏まで眠ってしまったのだ。
 その杏を家の中に運び込んで、俺とことみは、人のいなくなった庭を眺めつつ、のんびりと語らっていた。

「なあ、ことみ」
「?」
「今更だけどさ、あの時、誕生会に来れなくて、ごめんな」
「あ……」
「本当はさ、あの時に、今日みたいに沢山の友達を連れてきて、一緒に祝ってあげたかったんだ。けど、誰一人として連れてこられなくて、会わせる顔がなくって行けなかった」

 そして、俺が行った時にはもう、このいえには泣き伏す彼女しかいなかった。

「約束、破っちゃって、ごめん」

 ことみは、ふるふると首を振って、俺の手を優しく包み込んだ。

「そんなことないの。ちょっと遅れちゃったけど、朋也くんは約束、守ってくれた。とっても嬉しかった。ありがとう」

 そうして、微笑む。その笑顔が、俺はとても好きだった。

「ねえ、朋也くん。もう一つの約束憶えてる?」
「もう一つ……?」
「うん。私、もう十八歳」

 記憶になかった。おそらく、俺にとっては、さほど深く考えもせずにした約束だったのだろう。
 しかし、ことみの嬉しそうな様子を見る限り、ことみはずっとその約束を大切にしていたのだと分かる。あの幼い日からずっと。
 必死に記憶を探りながら、ちらりとことみの様子を見る。どうも、頬が赤い。照れているようだ。
 しかし、どうにも思い当たらない。心苦しいが、ことみにおしえてもらうしかなかった。

「……悪い、憶えてない」
「残念……」

 ことみが、目に見えて落ちこんだ。

「う、ごめん。じゃあほら、おしえてくれたら、絶対その約束果たすからさ、な」
「本当?」
「ああ、本当だ」

 すると、ことみはさらに真っ赤になった。そして、深呼吸をする。
 息を整えると、意を決したように言った。

「大人になったら、お嫁さんに貰ってくれるって」

 聞いた途端、何かが停止する音が、はっきりと聞こえた気がする。
 約束……お嫁さんに貰う約束?
 つまりそれは、結婚の約束という奴だろう。
 幼馴染の女の子と、結婚の約束。
 ……なんつーべたべたな。

「って、何なのそのお約束な話はっ!」

 俺の胸中と同じような突っ込みがはいる。

「杏ちゃん?」
「はっ、しまった、思わず突っ込んじゃったわ」
「お、お姉ちゃん……」
「見つかってしまいました」

 突っ込みをいれたのは、やはりというか杏だった。ついでに、藤林と古河もいる。

「お前ら、覗いてたのかよ……」

 呆れたように言うと、素直な二人は謝ってきた。

「で、どうなのよ?」

 そして、覗いていたことを差し置いて話題転換を図る奴が一人。まあ、別に良いんだけどな、今更だし。
 そう、今更だ。こいつらの前で恥ずかしがっても仕方がない。今まで、散々恥ずかしいところも見られてきたから。
 だから、ここで答えよう。

「もう少し先の話だろうけどな。とりあえず、これからもよろしく。ことみ」

 まあ、直接的な言葉でないあたりは、見逃してもらうということで。 
 はやし立てる三人の声を聞きながら、俺はことみに微笑んだ。

「うんっ」