×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



暗闇の中を歩く

暗く、寂しい道だ

遠く後ろには光がある

隣に僕と同じ道を歩いている人がいる

でも誰かわからない

僕はさっきまで後ろの光の中にいた気がする

でももう覚えていない

ただ、なにかを学んだ気がする

きっとそれは大事なことだ

心が強く叫んでいる

遠くの暗闇に光が見える

暖かな、けれど残酷な光

それを糧にして僕は強くなる

隣の人も

僕は隣の人と顔を合わせ光に向かって走り出す

「行こう、鈴」

繰り返す、いつまでも

僕が尊敬している人の声が聞こえたような気がした


『来ヶ谷唯湖のお話』


/恭介

世界を繰り返し、理樹と鈴は強くなる

俺はそれを見ながら手に持った本のページをめくる

話はどんどん変化していく

小人の悩みを解決した

小人の悩みを解決できなかった

そうして理樹は大きくなる

そして俺を越えていく

それでいい

そのためなら俺は仲間であろうと利用する

今度は・・・そうか、来ヶ谷か

俺は誰であろうと利用する

謝りもしない

ただ、古くなって「歪んだ」仮面を「新しい」仮面に変えるだけだ

心は痛まない

さぁ、進もう


/来ヶ谷

理樹君から届いたメール

世界の崩壊の直前に間に合わせたメール

でも、彼は来ないのだろう

私の繰り返した日

みんなで作り上げた世界

恭介氏のせめての優しさだったのか

それとも理樹君を強くするための餌だったのか

みんなで作り上げた世界の中で、私は夢を見させてもらった

一日を繰り返し、何度も彼と話す

私は怖くなり、記憶から彼との付き合いを消し去った

でも彼は忘れず、結局一日の終わりが近づいた

その最後に届いた一通のメール

きっと何度も送信したのだろう

結果、一通だけ届いた

永遠の一日が終わり

次の世界に来たというのに私の携帯電話の受信欄にはまだそれがあった

心が揺らぐ

もう存分に夢は見た。なのにまだ求めるのか?

ここで思い出す

繰り返す一日の中でも決して諦めなかった彼の姿を

そして思い出す

彼と別れる前私が彼に言った言葉を

もう、心は決まっていた

「(みんな済まないが、もう少しだけ夢を見させてくれ)」

私は彼に呼び出しのメールを打つ


/理樹

光を抜ける

また暗闇だ

後ろの光は寂しかった気がする

静かな部屋、外には雪、周りには規則的な行動をする人形

聞こえるのは放送、走る僕

終わる一日、終わる世界

その前にたどり着く

強くて、美しく

恥ずかしがり屋で、かわいい

それ以上は思い出せない。けど、最後に一つ思い出した

『・・・は私から・・・夕日の・・・するよ』

穴だらけだったけど大事な言葉

次の光が近づくにつれてその記憶も薄れる

僕は強くなれたのだろうか?


/恭介

来ヶ谷の世界

俺たちの世界

夢はもう存分に見たろ?

お疲れ様

さぁ。繰り返そう

何度でも、何度でも

そんな時に、床に落ちた仮面を見てしまった

この仮面は世界の終わりに逆らい、来ヶ谷を望んだ理樹を見てきた

その仮面が言う

「お前はそれでいいのか?」

「俺は理樹の為なら仲間でさえ利用する。それはお前もよく知っているはずだ」

「じゃあお前はついさっきまでの理樹を見てなかったのか?」

「来ヶ谷を望み、終わっていく世界を二人で過ごした」

「あぁ、俺だって見たさ。お前を通してな」

「ならどうせ繰り返す世界だ。もう少し夢を見させてやってもいいじゃないか」

この仮面は悲しそうに形を歪める

「生憎、そんな余裕はない」

仮面を霧散させる

心は・・・痛まない

繰り返そう・・・

何度でも

・・・


/理樹

今日は来ヶ谷さんが野球の練習に来なかった

そのことを僕に言いに来た時に、なにか落ち着かない様子だったのを覚えている

練習を終え、ちょうど綺麗な夕焼けが校舎を照らしていた

それをぼ〜っと眺めていると恭介が来た

「理樹」

「なに?」

「・・・・・・いや、なんでもない・・・」

一瞬だけ辛そうに顔を歪めた後、踵を返して去って行った

「どうしたんだろ?」

恭介があんな顔するなんて

後で少し聞いてみよう

そんなことを考えていたら携帯が鳴った

名前を見るとそれは来ヶ谷さんからのメールだった

内容はただ一言「教室に来てほしい」

「なにかあったのかな?」

練習も休んで僕を呼び出すってことは他の人に知られたくないってことかな?

「ん?理樹、どこ行くんだ?」

真人が訊ねてくる

「ちょっと用事。先に行ってて」

「わかったぜ」

真人と別れ、教室に向かう

誰もいない廊下を歩く

無音、つい最近こんな経験をした気がする

ただ夕陽ではなかったような

教室にたどり着く

中には来ヶ谷さんがいた

「お待たせ。なにかあったの?」

来ヶ谷さんは少し間を置いた後

「これから話すのは冗談でもなんでもないからよく聞いてほしい」

真面目な声で言う

「わかった」

真剣に返事をする

それから2分ほど経った時だった

「好きなんだ」

「へ?」

思わず間抜けな声が出る

「それって・・・」

「君のことが好きなんだ。『恋してる』って方の好きなんだ」

来ヶ谷さんの顔は夕陽であることを差し引いても真っ赤だった

その時に声が聞こえた

『この世界のこの日だけ、譲歩してやる・・・』

その声を聞いた瞬間なにかが頭の中に流れ込んできた

暗闇の道とこの光の前の光の記憶

その光の中では僕は来ヶ谷さんに恋をしていた

なんとか付き合い始めたけど不可解な現象が起こり、光は強制的に終了した

その終了の直前。一つの約束を思い出した

『今度は私から、夕陽が照らす教室に呼び出して告白するよ』

そして僕が送った、何通も送って、でも届いたか分からないメール

記憶が戻る

「あぁ、忘れてたよ・・・」

「ごめんね来ヶ谷さん。僕、忘れてたよ」

「理樹君?」

「うん、そうだね。付き合おう」

「・・・・・・・・・」

「ど、どうしたの?来ヶ谷さん?」

顔はさらに真っ赤になっていた

彼女の体が揺れる

それを支える

「..........」

小さい声でなにか聞こえる

耳を凝らすと「ありがとう」だった

お礼を言われることじゃないのに

僕は苦笑しながら言った

「どうしたしまして。こちらこそありがとう」

「来ヶ谷さんの部屋ってどこ?」

とりあえず彼女は寝かせた方がいいだろう

部屋を聞き出し運ぶ

布団に寝かせ、少し話をする

「落ち着いてきた、ありがとう。理樹君」

「お礼を言われることじゃないよ」

「じゃあ、そろそろ真人少年たちが寂しがっているだろう。今日はもう帰った方がいい」

「そうだね。じゃあ、また明日」

「あぁ、また、明日だ・・・」

彼女の部屋から出て自分の部屋に戻る

「あれ?恭介は?」

恭介の姿が見当たらない

「あいつなら先に寝るって言ってたぜ」

「そうか、仕方無いね」

さっきのあの表情について聞こうと思ったけどそれなら仕方ない

ふいに眠気が来る

「真人。僕ももう寝るね」

「おう。お休みな」

電気を消してくれる

目を閉じると意識はすぐになくなった

最後に見たのは・・・


/来ヶ谷

適当な理由をつけて理樹君を退室させる

私ばかりがこんな夢を見てよかったのか

だがそれももう終わりだ

恭介氏が入室してくる

「いい夢見れたかい?」

「ああ。お陰様で」

「ありがとう」

「そりゃあどういたしまして」

「でもこれで終わりだ」

「わかっている」

世界が反転する

さあ。次の世界・・・鈴君の世界では私も役者になろう


/恭介

来ヶ谷と話し、世界を繰り返す

理樹はまた強くなったのだろうか?

鈴を支えてやってくれよ?

お前が鈴を支えられるようになるまで

この世界を終えられるまで

俺はこの世界を

繰り返す


/理樹

僕は暗闇を歩く

隣には幼馴染の鈴

後ろの光でなにがあったのかわからない

でも進もう

次の光まで

最後に、僕が尊敬している人の声が聞こえたような気がした





END



あとがき

どうもです研修生です

今回の姉御祭で初のお披露目となります

色々と危ういところもありますが

やや冷ややかな目で見守ってください

これからもよろしくお願いします

作品の方ですが

姉御のささやかな恋心を描こうとしたものであり

恭介の心情を描こうとしたものであり

とにかく苦悩したことだけは滲み出てる作品になったらいいなと思います