×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

そう、これは夢。



あまりに都合のよすぎる、夢。



残ったのはひとつの後悔。



いつかの約束。



忘れたくない想い。



でも、忘れてしまった想い。



それが消えたのはいつの日か。



あるいは、ただ眠っているだけなのか。



それすらも曖昧なまま、また眠りにつく。



今日という日を、忘れないために。



ほんの少しの、夢を見る。























                                                「ひとつぶのきせき」


















「そろそろ電気消すぞー、理樹ー」

久しぶりの読書に耽っていた僕に真人が声をかけた。時刻を見るともう深夜の2時を回っていた。

「わかったよ、そろそろ寝ようか」

本にしおりを挟んで机の上に置く。少し分厚い文庫本であるそれは、いつだったか西園さんに勧められたミステリー小説だ。

振り返ると、ちょうど真人が電気を消すところだった。

「それじゃ、おやすみ真人」

そう言ってベッドに入る。と、同時にパチッという音と共に電気が消える。

「おう、おやすみな」

みんなが帰ってきた日常。いつかあった夢の出来事を忘れて、今の「本当の世界」の日常を過ごすようになって。

いつか夢見た世界が消えてしまって、もう1年がたとうとしていた。

おぼろげながらに覚えていた「世界」の出来事も、いつしか忘れていった。

今日という日が、いつなのかということにも気づくことなく、眠りにつく。

時計の針がカチリ、という音を立てたとき、僕の意識は「世界」の中へ埋没していった。


















目を開くと、そこは一面の銀世界だった。

窓から覗くのは白い粒。氷の結晶。そして自分がいるのは教室前の廊下。

その瞬間、全てを思い出す。白の世界に埋もれていったいつかの想い。消えた願い。

後ろを振り返ると、そこは白の世界。まさにあの「時」の再現だった。

なら、自分が何をすればいいか。向かうべき場所は、ひとつだ。

さぁ、一人で泣いているはずのお姫様を、助けに行くとしようか。



















鍵はかかっていなかった。ドアをすっと開け中に入る。もしこれがあのときの再現だというのなら、自分が何をすべきかは決まっている。

部屋の奥に行くと、布のかかった電子ピアノがあった。そのピアノからずっと流れ続けている、懐かしいメロディ。

演奏者のいない電子ピアノは、今でもその音を奏で続ける。まるであのときの出来事を忘れまいとしているかのように。

もう、休んでいいんだよ。

僕はもう、思い出したから。

ピアノの布をとる。

そういえば、この席に座るのは初めてなのかな。そうひとりごちながら席に座る。

いつかの後悔も。いつかの想いも。その全てを受け止める。いつかの世界で誓ったから。強く、強く生きると。

ここは夢の世界だ。なら、僕には何だって出来る。そう、この世界を守ることも――――――――壊すことも。

僕は、ピアノを奏で始めた。




そのピアノに込められた願いを引き継ぐように。




時に荒々しく、時にやさしく。




彼女との思い出を振り返るように、ただ無心に奏でる。




消えていく。




いつかのメロディが、消えていく。




僕の奏でるメロディに、上書きされていく。




でも。




たとえそのメロディが消えたとしても。




僕の中に、いつかのメロディが残ってる。




それは決して忘れることのない、思い出。




忘れられない、思い出。




その時の想いも。後悔も。そして世界も。忘れられない思い出。




それは届く。なぜならこれは…


















「私の見た、夢、だから。」
「僕の願った、夢、だから。」

















後ろから抱きすくめられる。その声は、震えていた。

「理樹、くん…」

「また、名前で呼んでくれたね。来ヶ谷さん」

そして、僕は彼女を…愛する彼女を抱き寄せた。

雪は、もう止んでいた。















夢は、終わる。















周りが、白くなっていく。















白く、しろくとけていく。















それでも、ぼくらは















ぼくらは、わすれない















そのねがいを















ちかいを、きいたから









































目が覚める。時刻は午前3時。まだ眠って1時間しかたっていない。

カーティガンを羽織る。会いに行こう。彼女はきっと、あそこにいる。そう確信できる。

そっと部屋を出る。辺りはまだ真っ暗だった。非常灯の明かりがどこか現実で無いような雰囲気を感じさせる。

正面玄関から出る。見回りの先生が来る気配も無い。

何か、冷たいものが頬に触れた。それは、あの日を再現するかのような白い雪だった。

深夜の校舎に雪が降る。降るはずのない、雪が降る。





鍵は、かかっていなかった。





軋んだ音を立てて開いた、その扉の奥には彼女がいた。





月明かりを浴びて、まるで聖女のような様相で、そこにいた。





やさしい指で、ピアノを奏でる彼女が、そこにいた。